LIXILのサイモンと諏訪鉄平の乱形石がかっこよく家を引き立てる

伏見区で新築外構
伏見区で新築の外構が出来上がりました

お施主様のご要望は
オープン
使いやすく
かっこよく
建物もサイモンというタイルを使っているからサイモンを入れてほしい
将来的に倉庫がほしいのでそのスペースの確保

が主なご要望でした

その場で書いたプランニングをお気に召して頂けましたので
見積スタート

打ち合わせを重ね、完成に至りました



LIXIL/サイモン SAI-3
LIXILのサイモンというタイルを使った門柱回り

奥行き感を出すために前方の門柱は高く、奥の門柱は低めに設定
前にタイルを張出すことでことで存在感のある門周りとなっております
使いやすい階段
使い勝手のよいL字に回る階段です
建築がポーチは輸入タイルを使用しておりましたので
同品のタイルを使用しました

間口の大きな階段
ポーチ側から

L字に曲げることでお子様がパッと飛び出ないように
しております
玄関を開けると美しい常緑樹がまず目につくので
さわやかな朝を迎えて頂けます
かっこいいアプローチ
アプローチの部分には諏訪鉄平という
日本産の乱形石を使用しました

目地にはふんだんにタマリュウをいれ
緑あふれるアプローチへ
鮮やかな植栽がアプローチを飾る
隣地のブロックを隠すために
木風のフェンスを設置
足元には色とりどりの低木がお客様を出迎えます
大胆なデザイン
少し大きな写真です

アプローチも単純に十字に目地を切るのでなく
三角形を入れることでデザイン性を高めました


アプローチ横の植栽達
フェンスの足元を隠す植栽達

ニューサイラン、タイムなど
8種類くらい植えました
アイストップに常緑樹
アイストップのシマトネリコとソヨゴ

どちらも常緑樹ですので年中緑を感じて頂けます


美しい乱形石の貼り方
家と一体感のある素敵な外構が完成となりました

本来なら建物が終わってすぐに工事に入りたかったのですが
こちらの工事が詰まりきってしまい、
1ヶ月遅れで工事をさせて頂きました

お待ちいただいた分、しっかりとした施工ができたと思います
ピンコロ石で数字を入れる
ピンコロ石で数字を入れています

実はこれもお施主様からの重要なオーダーのひとつで
土間に数字を入れてほしい
方法は任せる
という要望でした

いろいろ思案しましたが
この方法で大変喜んで頂けました
モクプラボードリアル
モクプラボードという天然木によく似せた
高尺フェンスです

新商品としてリアルとモダンという商品がありますが
今回はリアルを採用しました


LIXILのサイモン SAI-3
LIXILのサイモン SAI-3というタイルを門柱に貼らせて頂きました

ステンレスのインターホンカバー兼表札とも
よくマッチしております
キャニオン仕上げ
吹付はスタッコ吹付で
仕上げはローラーを引くことで横に自然なラインが入ります

笠木をつけることで
雨だれを防止し塗装も長持ちしますね
ご提案パース
以上

伏見区で新築外構をご紹介致しました


今回の夜の施工写真はこちら